ホーム > 人材育成 > 技術者研修・技術講習会 実施予定一覧

技術者研修・技術講習会 実施予定一覧

平成29年度 技術者研修一覧

テーマ内 容開催時期担当部署
【機械工学課程】
非接触三次元デジタイザの活用技術
<受付中>
非接触三次元デジタイザを用いた検査対象の表面データ取得方法及び寸法測定方法等を習得する。11/28機械電子技術部
【電子技術課程】
現場で使える音響測定と解析技術研修
<受付中>
騒音計やFFTアナライザ等の機器を使用して、実際に音の測定を行い、そのデータの解析を行うことで、基本的な知識と測定技術を習得する。12/5機械電子技術部
【分析技術課程Ⅰ】
薄膜の物性評価方法の実際
<終了>
微小押込み硬さ試験機及びスクラッチ試験装置を用いて、めっき等の薄膜に求められる物性を正確に評価するための手法を習得する。7/6材料技術部
【分析技術課程Ⅱ】
グロー放電発光分析装置による材料分析
<終了>
グロー放電発光分析装置について、原理から実際の測定までのトレーニングを行い、基本的な分析手法を習得する。10/19,20材料技術部
【食品工学課程】
新商品開発 実践研修
<終了>
マーケティングや開発企画を行う際に必要な手法を学び、グループ演習による企画検討・企画書作成を通して、商品開発に役立つ実践的なノウハウを習得する。6/27,28食品技術部
【繊維工学課程】
アパレルファッションの商品戦略
<終了>
アパレルファッションの商品戦略に役立つ美しい配色テクニックについて座学と実習により習得する。10/13繊維技術支援センター
【化学技術課程】
熱分析の原理と材料分析
<終了>
熱分析の原理、基本的分析方法、加熱・冷却操作を活用する分析テクニック及びデータ解析方法について、座学と実習をとおして習得する。6/22県南技術支援センター

平成29年度 技術講習会一覧

テーマ内 容開催時期担当部署
【機械技術講習会Ⅰ】
疲労強度評価法の基礎
<終了>
疲労破壊は破壊事故の原因となるため、機械部品の疲労強度評価は非常に重要であることから、金属疲労及び疲労試験の基礎並びに疲労試験機の活用方法を学ぶ。6/30機械電子技術部
【電子技術講習会】
IoT(Internet of Things)がつくる新しいオープン・イノベーション ~IoT、AI、Big Dataの活用~
<終了>
IoTに関する基本的な理解や導入事例などを通し、IoTの利活用について学ぶ。8/2機械電子技術部
【材料技術講習会Ⅰ】
金属材料の水素脆性 -基礎と実例-
<終了>
水素脆性の基本的なメカニズムや水素脆化による破損原因の究明とその対策について事例を交えて学ぶ。8/4材料技術部
【材料技術講習会Ⅱ】
セルロースナノファイバーの基礎と応用展開
<終了>
包装材料、自動車部品、食品など様々な分野で活用が期待されているセルロースナノファイバーの特徴と用途開発事例について学ぶ。10/4材料技術部
【食品技術講習会】
食品の高付加価値化技術
<終了>
食品の美味しさを決定する要因の1つである「コク」について、その概念や付与物質について学ぶ。8/2食品技術部
【繊維技術講習会Ⅰ】
繊維製品の国際取引に伴う、品質・基準等について
<終了>
海外との取引において留意すべき商慣習や品質・基準等の考え方について紹介するとともに、ケアラベル、品質表示の変更点など最近の変化について多岐に渡る情報を提供する。7/12繊維技術支援センター
【繊維技術講習会Ⅱ】
繊維製品の品質管理と品質保証
繊維製品の品質評価について、試験方法や製品の製造工程で発生する糸及び布の問題点について学ぶ。11月繊維技術支援センター
【化学・資源技術講習会】
骨材等の工事用材料試験と建築材料試験の現状と対策
<終了>
石灰・砕石・再生骨材等の土木・建築材料試験の実務及び品質管理のポイントなどについて紹介する。10/5県南技術支援センター
【機械技術講習会Ⅱ】
測定技術の基礎と最新動向
<終了>
ノギス、マイクロメータといった測定工具の使い方から、三次元座標測定機、非接触形状測定機による形状測定・評価技術の最新動向について学ぶ。11/7県南技術支援センター
【紬織物技術講習会】
草木染の染色技法や座繰り糸を使った草木染紬のこだわり
<終了>
伝統的な染色技法である草木染めについて学ぶ。8/31紬織物技術支援センター
【窯業技術講習会】
数多の技術者・指導者・陶芸家を生んだ東京工業大学の窯業教育
<終了>
東京工業大学おける窯業教育・研究の歴史は、1884年にワグネルによって窯業学が開講されたことに始まり、これまで濱田庄司、島岡達三をはじめとする数多くの窯業技術者・指導者・陶芸家を輩出してきた。ここでは、東工大における窯業教育の歴史と各窯業地との関係を概観する。9/13窯業技術支援センター