ホーム > 交流・連携 > IoT技術活用研究会

IoT技術活用研究会の御案内(2月12日開催)

 あらゆるものがネットにつながるIoT技術が注目され、活用も進み始めていますが、「IoTって何?」、「どのように活用したらよいの?」、「どれくらい効果があるの?」とお思いの方々も多いのではないでしょうか。
 IoTに関する疑問を解消し、次のステップに踏み出したいとお考えの方を支援するため、栃木県産業技術センターでは、IoT技術活用研究会を設置し、技術講習、技術交流・ワーキンググループ等の活動を展開することとしております。
 今般、当研究会における取組として、(国研)産業技術総合研究所から澤田浩之氏をお招きして、ものづくり現場のIoT/IT化に関する技術講演会を開催するとともに、次年度実施予定のワーキンググループ活動について内容説明を行いますので、御参加くださいますよう御案内いたします。

技術講演会のお知らせ

開催日時:平成31年2月12日(火) 13:30~16:00
場所:栃木県産業技術センター(宇都宮市ゆいの杜1丁目5番20号)
内容:
  [ 技術講演会]  
     「ものづくり現場目線のIoT/IT化の取組み」  
      講師:(国研)産業技術総合研究所製造技術研究部門 
           機械加工情報研究グループ総括研究主幹  澤田浩之氏
 [ 次年度ワーキンググループ活動について]
    ・産業技術センターの取組紹介
     内容:H30年度経常研究「所内設備のIoT化に関する研究」について 
      発表者:産業技術センター機械電子技術部  
    ・次年度のワーキンググループ活動について    
        内容:「”身の丈”IoT」実践活動について    
        発表者:産業技術センター機械電子技術部
お申込み方法: 「参加申込書」にご記入の上、2月5日(火)までにFAX又はE-mailでお申込み下さい。
  申込先:栃木県産業技術センター
       機械電子技術部電子応用研究室担当清水、島田、八木澤
       TEL:028-670-3396 FAX:028-667-9430 E-mail:shimizua01@iri.pref.tochigi.lg.jp 

  「参加申込書」のダウンロード(word)
  「技術講演会の御案内」(PDF)
     IoT活用技術研究会について(PDF)
   

IoT 技術活用研究会の概要

1.活動期間  平成31(2019)年2 月~平成33(2021)年3 月
2.参加費等  無料
  ※ただし、ワーキンググループ活動における消耗品等に係る費用は御負担いただく場合があります。
3.参加企業等  参加のためには、以下のいずれかの要件を満たす必要があります。
 ・IoT等の導入・活用について取り組む意欲があり、県内に主たる事業所を有する企業等
 ・研究会の趣旨に賛同する大学、金融機関、行政機関、産業支援機関等
4.事務局  栃木県産業技術センター 機械電子技術部 電子応用研究室
5.活動内容  
 (1)製造現場におけるIoT 活用事例等に関する講演会(研究会:年2 回)
 <話題提供テーマ>
  ・IoT によるものづくり現場の生産性向上の事例紹介
  ・IoT ツールやシステムの紹介
  ・収集したデータの解析手法や事例の紹介 等
 (2)IoT 技術の活用にむけた技術交流・実践的な取組 (WG 活動:年5 回程度を予定)
  取組内容については参加企業の御意見を反映する予定ですが、以下のテーマを想定しています。
 <取組内容(想定)>
  ・IoT による装置稼働状況の”見える化”、保守業務効率化等に向けた取組
   参加企業において装置稼働状況の見える化システムの構築からデータ取得までを行います。必要となるプログラミング等の技術についての研修も行う予定です。
6.参加募集  
研究会開催の都度、当センターのホームページやメールマガジン等を通じて参加を募ります。ただし、ワーキンググループ活動については事前に内容等を説明し、参加メンバーを固定して実施します。
      ※ワーキンググループ活動については、ツール等の作成やデータ収集等に取組んでいただくため、原則として全回参加可能な企業を対象とします。