施設概要
電波暗室 || 施設紹介 || 測定機材 || 対応規格 || 使用料金 || 予約方法 ||  研究活動 || スタッフ
大型電波暗室
室内全景 仕様:半無響型電波暗室
寸法:20×15×8.5m
周波数:18GHz
その他:
全自動測定システム
大型電波暗室には、耐荷重3トン、直径5mのターンテーブルを装備し、自動車等をはじめとする大型機器の放射性エミッションの測定が可能です。受信系は、ダブル・アンテナシステムを採用し測定時間を大幅に短縮しました。
付帯設備 
一般搬入口
2.0(W)m×2.0(H)m
外部搬入口
3.1(W)m×2.5(H)m
ターンテーブル
直径5m/2m(二重)
耐荷重3000kg
交流・直流安定化電源
3相・12KVA
電源端子台1
単相、三相
電話、LAN端子
モジュラージャック
電源端子台2
単相、三相
アンテナ昇降機
ダブルアンテナ・システム
地下給排水設備
毎分20リットル
テーブル中央
地下貫通口
リフター
地下対向室へ
屋外排気設備
毎秒20リットル

小型電波暗室
室内全景 仕様:全無響型電波暗室
寸法:7×4×3.5m
周波数:6GHz
その他:
放射イミュニティ測定システム
小型電波暗室には、耐荷重250kg、直径1.2mのターンテーブルを装備し、主に放射性イミュニティ試験、伝導性イミュニティ試験の用途に用います。また放射性エミッションの簡易測定にも対応しております。
付帯設備
一般搬入口
1.7(W)m×2.1(H)m
交流安定化電源
3相・6KVA
電源端子台
コンセント、φ3.5mm
ターンテーブル
径1.2m/耐荷重250kg 
外部モニタ用貫通口
直径20cm
ズームカメラ
約1cmのLCD文字視認可
各種アンテナ 伝導性イミュニティ
IEC 61000-4-6

高周波応用試験室
室内全景 仕様:電磁波シールド
性能:-100dB以上
寸法:15×9.5×4.5(H)m
その他:
耐ノイズ試験装置
高周波応用試験室では、耐ノイズ試験(静電気放電、EFT/バースト、雷サージ、ディップ・瞬停)などの作業を行うための部屋です。試験は操作性を統一していますので、はじめてご利用する方も短時間でマスターできます。


試験器類
一般搬入口
2.0(W)m×2.0(H)m
静電気放電
IEC 61000-4-3
低周波イミュニティ
IEC 61000-4-13,14,28
電源周波数磁界
IEC 61000-4-8 
EFT/バースト
IEC 61000-4-4
雷サージ
IEC 61000-4-5
パワーフェール
IEC 61000-4-11,29
耐ノイズ総合試験器
IEC 61000-4-4,5,8,9,11,29

シールドルーム
室内全景 仕様:電磁波シールド
性能:-100dB以上
寸法:9.5×10.5×3(H)m
その他
全自動測定装置

シールドルームは、大型電波暗室の制御及びノイズ対策室を兼ねています。室内には、GTEMセルや各種ノイズ対策用可視化ツール類なども豊富です。


試験器類
一般搬入口
2.0(W)m×2.0(H)m
外部搬入口
2.0(W)m×2.0(H)m
電源制御システム 各種アンテナ、LISN群
システムラック スペクトラムアナライザ レシーバ 電磁波妨害源探査装置
潟mイズ研究所・ESV3000

試験室
測定器類 仕様:一般
性能:2面シールド壁
寸法:4×10.5×3(H)m
その他
KEC法

電波暗室担当のスタッフルームです。主に電波測定に係る精度の検証や研究開発、対策の技術相談も、こちらで行っています。


ネットワークアナライザ インピーダンスアナライザ シールド効果測定
その他  
ノイズ対策部品(無料) 電子部品 サンプル  

▲このページのトップへ
 「栃木県産業技術センター」 ホームページへ
電波暗室 || 施設紹介 || 測定機材 || 対応規格 || 使用料金 || 予約方法 ||  研究活動 || スタッフ
Copyright(C) 2008 All rights reserved. EMC.lab